ホテルのラウンジのような雰囲気を感じられるcafe Kantaryがとっても居心地がいい…!




サワディーカー。旅先でのカフェ巡りが大好きな、TABI CAFE編集長のヤマモトです。

チェンマイの代官山と呼ばれるほどカフェが多いエリアのニマンヘミンですが、ゆったりと出来るカフェが多いのが特徴です。

その中でも個人的にお気に入りなのが、カンタリーホテルに併設されているcafe Kantary(カフェカンタリー)です。

カンタリーホテルはニマンヘミンの中でも数少ない5つ星ホテルということもあって、cafe Kantaryもホテルのラウンジのような雰囲気ですごく心地のいい空間です…!

がっつり仕事をするというよりも、ゆっくり時間を過ごしたり本を読んだりするのにおすすめのカフェです。

cafe Kantaryの中はこんな感じ

cafe Kantaryはニマンヘミン通りの中でも南方面にずっと歩いていると右手に見えてきます。

外はちょっとしたテラス席もあり、開放感を感じられるスペースが広がってます。

cafe Kantaryでは、本館と別棟に分かれていて本館でまずはメニューの注文をします。ガラス張りになっているこちらの小屋が本館です。

cafe Kantaryでは、ドリンクメニューをはじめケーキ、アイス、スイーツメニューが豊富で、どれもおいしそうなので毎回めちゃくちゃ悩みます…!

ちなみに入り口付近にはお水も用意されていて、長時間滞在する時にとてもありがたい🙏

本館の方は席数も多く、どの椅子もクッションタイプになってるので座り心地もとってもいい。ゆったり過ごすにはとっても雰囲気のいい空間です。

ただcafe Kantaryでは、個人的には別棟の空間がとっっっってもオススメです!

本館の手前にあるこの小屋が別棟になっていて、周りは水が張っていてちょっと特別な雰囲気がなんとも言えない高級感を漂わせてます。

中に入ると、なんだか上級ホテルのラウンジのような雰囲気…!タイミングによってはカンタリーホテルの団体客で賑わってることもありますが、すぐにいなくなってしまうことも多いので、ゆったりできるタイミングまで粘るといいかもです。

席数はそこまで多くはないのですが、このスペース全体に良い気が流れているのか座ってるだけですごく気持ちのいい空間です。

パンケーキやハビートーストなんかも有名で、ゆったり時間を過ごしながらぜひcafe Kantaryのスイーツを堪能してみてください。

また夜は22時まで営業をしていて、cafe Kantaryの夜の雰囲気もまたとっっても素敵です。夜は人も少なくて穴場なカフェな気もしています…!

ちなみにcafe Kantaryでは、メニューを注文した時に店員さんにWi-Fiを利用したいと伝えると1時間のWi-Fiパスワードがもらえます。

電源コンセントもある席はありますが、Wi-Fiが1時間だったり椅子とテーブルも少し低めなのでがっつりPC作業をするのはあまり向いてないカフェかなぁぁと思います。

仕事の息抜きに甘いものが食べたくなったらぜひ足を運んでみて欲しいなと思います!

cafe Kantaryの情報

店名cafe Kantary
住所44, 44/1-2 Nimmanhaemin Road, Soi 12, Suthep, Muang, Chiang Mai 50200, Thailand.
電話番号+66-053-222-111
アクセスMAYAショッピングセンターより徒歩15分
カード払い
席数不明
定休日不明
営業時間9:00~22:00
WEBサイトhttps://www.cafekantary.com/chiangmai.html#ad-image-0
ノマド情報 Wi-Fi:あり
電源:あり
お気に入りに追加
山本裕子
1985年生まれ岡山県出身。個人でWebサイトを企画・運営しながら旅してます。2017年5月よりTABI CAFEを開設し、旅先でのノマドカフェを取材してまとめています。旅好き、カフェ好きな人と繋がりが出来たらうれしいです。




このカフェをSNSでシェアする!